USBフットスイッチKinesis キネシス フットペダル
ホーム>USBフットスイッチ

【新着情報】
●2016年5月 専用ソフトを用いてのプログラミングが可能となりました。
●2015年5月 Kinesisフットスイッチがリニューアルし、新しい型番になりました。
●USBフットスイッチの試用機貸出を開始いたしました(有料)  >> 試用機貸出について

ご注文はこちら

オンラインショップへ飛びます。
フット用マウス・フットスイッチ見積依頼フォームへ
法人/団体様のお見積もりのご依頼は、 FAX、またはこちらからお願い致します。


フットスイッチトリプル| フットスイッチデュアル | フットスイッチシングル | 追加ペダル

Kinesis Footswich : 任意のキーを登録できる「フットスイッチ

FS30A USBフットスイッチ

 マウス操作や、キーボード操作をプログラミングできます。
 キーボード⇔マウス間の移動を少なくし、手首や指への負担を軽減。作業効率をUPさせます
 リニューアルし、今まで対応していなかったOSでもプログラミングが可能になりました!!

フットスイッチシリーズ ご注文はこちら

様々なマウス操作・キーボード操作がプログラミング可能!


1から3つのフットペダルにマウス操作や
キーボード操作をプログラミング。
例えばマウスの左右のクリックや、
「shift」「Tab」「Backspace」、
さらには「ctrl」+「c」のような続けた操作など
よく使うキーをペダルにプログラミングし、
より快適な入力環境を実現します。
※Macでの使用に関する注意点※
Macは複数の入力デバイスの同時押しに対応していません。 その為、ショートカットやマクロ動作をご希望の場合には、全てフットスイッチ内に設定をお願い致します。
Kinesisマニュアルは「こちら」
USBフットスイッチの活用例

キーボード⇔マウスの移動が減り、手指の負担も軽減。


足でマウス・キーボードの操作を補助することによって、
手のキーボード⇔マウス間の移動を少なくし、手首や指への負担を軽減。
入力の負担が軽くなるばかりか、速度効率もぐんとアップします!

手が使いづらい場面でのクリックやキー入力操作に


衛生上の問題や何かを計測するのに両手がふさがっている時など
手が使えないけれど決まったキーを押す操作がしたいとき、
「enter」「space」など任意のキーをペダルにプログラミングしておけば
手を使わずにキー操作が入力できます。

マクロの登録も可能!


普段よく使うフレーズなどをプログラムすれば、さらに快適なPC環境を得ることが出来ます。
リニューアルに伴い、設定画面を見ながらプログラミング可能になったので、視覚的にどのペダルに何のキーが割り当てられているのかも分かりやすくなりました。

※Macでの使用に関する注意点※
Macは複数の入力デバイスの同時押しに対応していません。 その為、ショートカットやマクロ動作ご希望の場合には全てフットスイッチ内に設定をお願い致します。
Kinesisマニュアルは「こちら」

こんな方・用途にオススメ---活用の幅は無限大です

・腱鞘炎、手指の痛みにお悩みの方
・両手は作業中でふさがっているという方
・テープ翻訳・反訳・テープ起こし作業の方
・計測器・オシロスコープの使用時に
・画像操作に ・音楽の再生/ストップなど
・プログラマー ・テクニカルライター ・データ入力 
・コールセンター ・CAD ・DTMの編集
・会計士 ・デザイナー ・ネットゲーム用
・歯科医  ・医療の現場で ・工場で…等
パソコンイメージ
ページトップへ戻る

Kinesis社公認販売代理店だから安心


弊社は、Kinesis社の販売代理店となっております。
現在、Kinesis社ホームページよりリンクされている国内唯一の販売店です。


特典その1 国内で修理いたします!


製品には弊社の1年間の保証がつきます。
その間の修理は弊社が責任をもって日本国内で行います。
万が一の不具合の場合、Kinesis社と英語でやり取りをしたり、
海外へ不具合品を返送するといったわずらわしさがありません。
安心の国内保証

特典その2 ペダルの設定サービス付のKinesisフットスイッチ販売を開始いたしました!(有料)
予めお客様の希望の操作を弊社にてペダルにプログラミングして、お届けします。
自分でプログラムするのに自信がない方はご利用ください。
※ご注文時にのみ承ります。詳細は別途お問合わせ下さい。
※複雑な場合は追加料金を頂く場合がございます。
※内容により、設定できない場合もございます。

特典その3 試用機貸出サービスを開始いたしました!
法人様・団体さまに限り、Kinesisフットスイッチ(デュアルのみ)の試用機の
貸出しを致します。(有料)

>> 試用機貸出について
※個人様向けの貸出は行っておりません。

Kinesis フットスイッチ 取扱商品一覧


 >>シングル      >>デュアル     >>トリプル      >>追加ペダル


●キネシス フットスイッチ トリプル
【Kinesis Savant Elite2 Triple Pedal Foot Switch】

FS30A USBフットスイッチ

特別販売価格:23,198円(税込)
       (21,480円(税別))

フットスイッチトリプル ご注文はこちら

外側のペダルは内側へ角度の調節が可能です。


■型番: FP30A
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■3ペダル
■初期設定:右ペダル:マウス右ボタン
      中央ペダル:マウス左ボタン
           (ダブルクリック)
      左ペダル:マウス左ボタン
■コネクタ: USB
■重量:約1.1kg 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ: 273mm×178mm×32mm


●キネシス フットスイッチ トリプル ≪プレ・プログラミング設定付≫
【Kinesis Savant Elite2 Triple Pedal Foot Switch】
FS30A USBフットスイッチ

特別販売価格:23,954円(税込)
        (22,180円(税別)) フットスイッチトリプル ご注文はこちら

プログラミング設定付。
お買い上げ時、弊社がお客様ご希望の
プログラミングをしてお届けします。



■型番: FP30A
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■3ペダル
■コネクタ: USB
■重量:約1.1kg 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ: 273mm×178mm×32mm


フットスイッチ ページトップへ戻る


●キネシス フットスイッチ デュアル
【Kinesis Savant Elite2 Dual Pedal Foot Switch】
USBフットスイッチ FP20A
特別販売価格:20,606円(税込)
         (19,080円(税別))
フットスイッチデュアル ご注文はこちら
3つもペダルは必要ない、という方に最適。


■型番: FP20A
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■2ペダル
■初期設定:右ペダル:マウス右ボタン
      左ペダル:マウス左ボタン
■コネクタ: USB
■重量:約0.7kg 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ:約 165mm×177mm×32mm

●キネシス フットスイッチ デュアル ≪プレ・プログラミング設定付≫
【Kinesis Savant Elite2 Dual Pedal Foot Switch】
USBフットスイッチ FS20A
特別販売価格:21,254円(税込)
        (19,680円(税別))
フットスイッチデュアル ご注文はこちら
プログラミング設定付。
お買い上げ時、弊社がお客様ご希望の
プログラミングをしてお届けします。



■型番: FP20A
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■2ペダル
■コネクタ: USB
■重量:約0.7kg 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ:約 165mm×177mm×32mm


フットスイッチ ページトップへ戻る
 

●キネシス フットスイッチ シングル
【Kinesis Savant Elite2 Module & Pedal Foot Switch】

USBフットスイッチ シングル

特別販売価格:18,014円(税込)
         
(16,680円(税別)) フットスイッチシングル ご注文はこちら
スペースをとりたくない方にオススメ。


■型番: FP10J
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■1ペダル
■初期設定:マウスの左右ボタン
  フットスイッチを繋ぐジャックによって、
  フットスイッチの機能が変わります。
  お客様の好みに合わせてご使用下さい。
■コネクタ: USB
■重量:約320g 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ:約 140mm×50mm×22mm

●キネシス フットスイッチ シングル ≪プレ・プログラミング設定付≫
【Kinesis Savant Elite2 Module & Pedal Foot Switch】
USBフットスイッチ シングル 特別販売価格:18,554円(税込)
        (17,180円(税別)) フットスイッチシングル ご注文はこちら
プログラミング設定付。
お買い上げ時、弊社がお客様ご希望の
プログラミングをしてお届けします。




■型番: FP10J
※型番とプログラミング方法が変わりました。
■1ペダル
■コネクタ: USB
■重量:約320g 
■ケーブル長:約2.76m
■サイズ:約 140mm×50mm×22mm



フットスイッチ ページトップへ戻る


●フットスイッチ 追加ペダル
【Single Pedal for Savant Elite2 & JSB】
フットスイッチ 追加ペダル

特別販売価格:5,810円(税込)
        (5,380円(税別))

フットスイッチ 追加ペダル ご注文はこちら

モジュール部にジャックの付いているフットスイッチシングル[FP10J]に 追加/増設が出来るフットスイッチです。
小さくて場所をとりません。


■型番: FS007MP
■1ペダル
■サイズ:約 66mm×89mm×26mm

FP10Jのジャック部分は1つ空きが有りますので、そこに追加して使用します。
FS007
フットスイッチ ページトップへ戻る

フットスイッチの仕様・プログラミングについて


USBメモリの使用可能なPCであればご使用いただけます。
■対応OS:Window、Mac OS X10.4以降、Linux、Android、Chrome

2016年5月から、ソフトを使用してより簡単にプログラミングが可能となりました!!
5月以降にご注文の商品はソフトが既にフットスイッチ内に内蔵されているので、 プログラミングに別途ドライバ等のダウンロード・インストールは必要ありません。
詳しい操作マニュアルは「こちら」からご参照ください。
■プログラミングソフト対応OS:Windows7以降、Mac OS X10.4以降
■プログラミングソフト対応商品:FP10J、FP20A、FP30A

※ソフトを使わない設定方法もあります。

※ご購入時期によっては、商品のバージョンによってソフトが内蔵されていない場合がございます。
その場合には、ソフトを使用しないプログラミング方法をご利用いただくか、
別途ダウンロードをお願い致します。
上記の詳しい手順に関してはコチラをご参照ください。




新しいプログラミング方法

(1)裏側のスライドスイッチが「PLAY MODE」になっていることを確認し、パソコンのUSBポートにフットスイッチを接続します。

(2)ペン先などを使用して、スライドスイッチを「PROGRAM MODE」側に
スライドしてください。
この時、中の基板には触れないよう
注意してください。




プログラミング1
(3)緑色のLEDが点滅し、「KINESIS FP」というデバイスが認識されます。

(4)初期設定に戻したい場合、バックアップが必要となりますので「KINESIS FP」内にある中身全てを、デスクトップなど任意の場所にコピーし、保存しておくことを推奨いたします。
プログラミング2

(5)ご使用のOSに合わせてWin・Macのソフトを起動させてください。
すると、右図のようなプログラミングメニュー画面が開きます。



(6)シングルの場合にはjack1~2を、
デュアル・トリプルの場合には、変更したいpedalの「Configure」をクリックすると、 右上の編集部分が黄色に変わります。
(デュアルの場合、変更箇所は左右のペダルです。中央ペダルはトリプルのみです)

設定方法に関しては下記をご参照ください。
また、プログラミング後は「Save」ボタンを押して設定内容をフットスイッチ内に保存し、「EXIT PROGRAM」で画面を閉じた後、スライドスイッチを元に戻してからご使用ください。

基本画面
プログラミング3

ペダル選択時
プログラミング3
※クリックで大きな画像をご覧いただけます。

【単一キーの割り当て方法】
単一キーの設定の場合には、上のタブで「Single Action」を選択し、割り当てたいキーボード上のキーを押してください。
キーを押すだけで自動的に黄色の枠に設定内容が記述されます。
キーの割り当て後、設定内容を保存するには右下「Done」ボタンを押してください。
※クリックで大きな画像をご覧いただけます。

単一キーの設定
プログラミング3
設定完了後
プログラミング3

【マクロの設定方法】
マクロの設定の場合には、上のタブで「Maltiple Action(Macro)」を選択し、割り当てたいキーを同時押ししてください。
キーを押すだけで自動的に黄色の枠に設定内容が記述されます。
同時押しでない場合、マクロの記述になりませんのでご注意ください。
キーの割り当て後、設定内容を保存するには右下「Done」ボタンを押してください。
※クリックで大きな画像をご覧いただけます。


正しいマクロ設定
プログラミング3
同時押しになっていない場合
プログラミング3

【マウスクリック・その他の設定】

マウスクリックやVolumeなども設定可能です。
「Spcial Action」のタブを選択するとプルダウンで選択可能なので、希望する設定内容をクリックしてください。

コピー・ペーストといったよく使うショートカットはマクロを組まなくても、ここから設定することが可能です。

キーの割り当て後、設定内容を保存するには右下「Done」ボタンを押してください。
その他のメニュー
プログラミング3

※クリックで大きな画像をご覧いただけます。

入力を間違えた場合
キーを間違って押してしまった場合には、下の「Backspace」「Clear」を押して記述を
消してから再度キーを押しなおしてください。
単一キー設定の場合には、消さずに次のキーを押すだけで上書きになります。
ペダルの選択を間違えた場合には「Cansel」を押すとペダル選択前に戻ります。

詳しい操作方法は、「Kinesisフットスイッチマニュアル」をご参照ください。

※デフォルト設定
[lpedal]>[lmouse] →左ペダル:左クリック
{mpedal}>{-lmouse}{+lmouse}{125}{-lmouse}{+lmouse} →中央ペダル:左ダブルクリック
[rpedal]>[rmouse] →右ペダル:右クリック

また弊社でもプログラミングサービスつきのフットスイッチを販売しておりますので、
設定がうまく出来るか心配な方、 商品到着後、すぐに希望の設定にてご使用になりたい方は
是非ご利用下さい(有料)。

ページトップへ戻る

  Kinesis社キーボードはこちら   |   フットスイッチのお見積はこちら


Copyright(c) 1999- EDIKUN Technology Inc. All Rights Reserved.